外貨預金を始めるなら投資先の政治経済状況の把握が重要

将来のための資金をつくるなら

現在は円貨より外貨の方が利益を得やすいこともある

外貨預金はその名の通り、外国のお金で行う預金のことです。円預金とはどのようなところが違うのでしょうか。まずは外貨預金とは何か、どうやって利益を得ていくのか、何故外貨預金が利益を得やすいのか、そして始めるときの口座についても解説していきます。 ...続きはコチラ

外貨預金運用のためにチェックしておくべきこととは

外貨預金を運用する時には、為替相場が変動する様々な要因を想定し、その動向をチェックすることが肝要です。では、具体的にどんな情報を得ておく必要があるのでしょうか。詳しく解説していきます。また、通貨ごとの特徴の一例として米ドルをご紹介していきます。 ...続きはコチラ

回避できるリスクは少しでも避けるべし

どれだけアンテナを張って情報を掴み、予測をしていても、外貨預金の損失リスクをゼロにすることはできません。そこで、少しでもリスクを減らすにはどうすれば良いかを解説していきます。どれも少し気を付けるだけで難しいことは特にありませんので、ぜひ実践してみてください。 ...続きはコチラ

外貨預金と円預金の違いとは?

1999年2月、日本銀行が金利を過去最低の0.15パーセントに誘導することを決定したところから始まったゼロ金利政策。
その中で資産運用をする際には円貨より外貨の方が利益が出やすい場合があります。
外貨建ての商品には外国株式、外貨預金、外貨建ての保険、外国債券や外国投資信託など様々ありますが、中でも外貨や資産運用の初心者でも始めやすいのが外貨預金です。
外貨預金は、銀行という身近な金融機関が取り扱っており、外貨であっても日常生活の延長線上にあると言えます。
資産運用と言うと難しく聞こえますが、延長線上にあると考えると少しハードルが下がるのではないでしょうか。
また商品の仕組みが解りやすいことも初心者向けの理由のひとつです。
現在日本の経済規模は縮小傾向にあると言われており、経済成長率(GDP)が低いところで留まる可能性は非常に高いと言えます。
為替相場は経済成長率や消費者物価指数などの要因によって変動しますから、経済成長率が日本よりも高い水準の国の外貨建て資産を持てば、恩恵を受けられる可能性が高いのです。

そこで、今回は外貨預金で資産運用を始める方に向けて、外貨預金で大切なことをお伝えしていきます。
それは、「投資先の情勢を把握する」こと。
ただ漫然と口座にお金を貯めていても、増えるのは微々たる利子のみです。
若年層であるほど老後に年金だけで生活できるのか不安だという人は多いでしょう。
これを機に、将来のために資産運用を始めてみませんか?