将来のための資金をつくるなら

>

現在は円貨より外貨の方が利益を得やすいこともある

違うのは預ける通貨だけ?

外貨預金とは「外貨(外国の通貨)で行う預金」のことです。
米ドル、英ポンド、ユーロなど各国様々な通貨があります。
銀行ごとに取り扱える通貨が異なるため、自分が取引に使う銀行のラインナップから好きな外貨を選択して預金できます。
日本の銀行はどこも「円」を扱っていますが、外貨預金はその通貨が「ドル」などに変わります。
つまりそれだけです。
円預金とは「預ける通貨が違う」という違いだけなのです。
日本は現在「ゼロ金利政策」によって低金利が維持されているため、一般的に外貨預金の方が円預金よりも金利が高いという状態が多いでしょう。
つまり、長期間運用していれば金利だけでもかなりの利益を見込むことができるということです。

基本は円預金と同じ

外貨預金の基本的な仕組みは円預金と同じです。銀行口座に預けたお金を元手として、利子を受け取って利益を得ていきます。
ここで注意したいのが、通貨の違いです。
払い出しするときには円に戻さなければならないので、レートによっては得た金額が減ってしまう可能性もあります。
ちなみに、外貨預金を始める時に預けるための口座を開く必要がありますが、既に口座を持っているならそこではじめるのがオススメです。
銀行ごとに取り扱っている外貨が違うので、持っている口座で始めるのであれば自分が投資したい通貨があるかどうかきちんと確認しましょう。
また、望む通貨があっても他行と比べて金利条件がよくないといったこともあるので、複数の銀行に口座がある時には必ず比較検討し、新しく口座を開くことも視野に入れましょう。


この記事をシェアする