将来のための資金をつくるなら

>

回避できるリスクは少しでも避けるべし

資金は余裕を持ってスタートしよう

為替相場は、経済情勢といった予測できるものだけでなく、天災のような突発的な事項の影響も多分に受けます。いくらアンテナを張って情報を集めていても、投資している外貨が突然暴落してしまうというリスクは常に纏わりついてくるのです。ですので、外貨預金を運用するにあたっては、ひとつの外貨だけではなく複数の外貨を持つことをオススメします。これを「分散投資」と言います。運用の難易度は上がりますが、リスクヘッジの有効な手段であることは間違いありません。
また、うまく利益を出せていても頻繁に引き出していると為替手数料が嵩むことがあります。はじめは余裕資金でスタートするのがベターです。各金融機関ごとに購入の最低金額が違うので、あまり資金が無い人は最低金額が低いところで始めてみましょう。

ドルコスト平均法

「時間分散」や「ドルコスト平均法」も有効なリスク回避の方法です。
時間分散は読んで字のごとく、一度に投入可能な資産の全てを外貨にするのではなく、タイミングをずらして購入することです。
そうすれば相場が高い時に購入してしまう高値づかみのリスクを減らすことができます。
「ドルコスト平均法」は、定期的に毎回同額の外貨を購入する方法のことを言います。円ではなく外貨で単位を揃えるので、円安でも円高でも同じ額を購入することになり、平均取得単価を抑え、不安定な為替変動を平均化させることができます。
よって変動リスクを減らせるという仕組みです。
運用期間が長いほど平均化される期間が長くなるので、よりリスクに強くなっていきます。


この記事をシェアする